ローン滞納と債務整理

住宅ローンの返済が滞ってしまった場合、代位弁済といって保証会社が代わりに住宅ローンを契約した銀行へ残債を返済する事があります。 その場合、住宅ローンの債権は住宅ローンを契約した銀行から銀行に完済した保証会社に移ッてしまう事になりますので、住宅ローン契約者は、保証会社に住宅ローンを返済をしていくことになるのです。

しかし、保証会社にも残っている住宅ローン残債を返済しなければ住宅を競売にかけられてしまう事もあります。競売とは、強制的に市場に家を売却されてしまう事です。 通常よりも安く売却されてしまう事もあり、売却しても残った残債は返済しなければいけません。 その為、住宅ローンが競売にかけられる前に、債務整理を行い、民事再生する事により、住宅や生活に必要な資産をを手放さずに、返済をする事が出来ます。

このため、仮に住宅ローンの返済を、滞らせてしまう場合がある時は、住宅ローン滞納と債務整理をひとくくりにして覚えておくと後々力になるかも知れません。 本来は住宅ローンは毎月滞りなく返済する事が義務ではありますが、職場の経営悪化や、倒産による収入減は想定することは難しいと言えますので、早めの対処を検討することが大切です。      


     

こんなサイトもおすすめ!

------------------------
【引用】モビットの審査では収入のほか、住宅ローンやカーローンなどの毎月の出費・返済額も重要な基準になるといいます。こうした傾向も踏まえたうえで自分が通りやすい環境にあるかどうかを確認しておくのも対策のひとつとなるでしょう。
------------------------
本審査の前にこちらで仮審査してみませんか?

     ▲PAGE TOP